白灰美人石鹸「火山白土の濃密泡で毛穴スッキリ!

黒ずみ仕打ちはこれで決まり!火山白土の“濃密泡”で毛孔の不潔を付着行なう。

ふと、鏡をじっくり見るという気づく「毛孔の黒ずみ」。

いくぶんおごりしただけでポツポツポツという、ラクラク以前より濃くなっていたりしますよね。
そうなると、やむを得ずメークは濃くなり、その濃くなったメークは、毛孔に残ってどんどん黒ずみを加速させるという正直行き詰まり…。

も、そんな恐れがここにきてやにわに解消されたのです。
今日はそのあたりのことをご紹介していきたいと思います。

毛孔の黒ずみの基本的な原因は、毛孔に貯まった不潔だ。
つまり、こういう不潔を何とか略せるか?これが、毛孔の黒ずみ廃止のポイントです。
因みに毛孔の真骨頂は少し0.2mm。
前もって、そんなちっちゃな盲点から貯まった不潔を掻き出すには、これから酷いブラシが必要になるのです。

なので、こういうブラシ役として自分が購入したのが『白灰(しら良し)チャーミング石鹸』。

火山灰の堆積物である「火山白土」による石鹸で、まったくこういう白土は、約2万5千歳前に鹿児島県内に堆積したタイプとのこと。

こういう白土でつくった『白灰チャーミング石鹸』のポイントは、何やら粒子の細かさだ。
その粒子は、最大でも0.09mm。
そういうコッテリ泡がブラシ役として、0.2mmの毛孔のあべこべの奥まで駆け込むパフォーマンス、不潔や古臭い角質、皮脂などを付着、洗浄していただける。

実際の使い直感も、通常のクレンジングクリームは未だに変わりました。
これは、思い切りトラブルすれば良いのでしょう。
必ずしも、心地よい適度な重さを有する泥が、スキンにぴっちり思い切り密着して同化する見識…。
しかも、粒子がとっても細かい濃密泡のせいか、黒ずみが気になっていた鼻筋をゴシゴシ洗っても、てんでフィードバックがなくそれほど好調。
スキンへの負担なく洗い上げてくれている見識が滅法安心です。
また、クレンジング後は、よろしくスキンが一皮むけたといったポイント。
ジメッとした機会も、これさえあれば端然ってすっきりした常々をおくれそうな気がします。

このような感じで、ちょっぴりつぎ込み続けた結果、私の毛孔の黒ずみの恐れは、概してこういう『白灰チャーミング石鹸』による白土クレンジングで廃止しました。
恐るべし、火山灰の意欲。
濃密泡の力で、手詰まり脱出だ。

また、その他の望ましい元凶として挙げられるのが、クレンジング後のつっぱりがなくなったゾーン。
これは、黒砂糖、ローヤルゼリー、アロエ中心などの天然の保湿ビューティー生まれも配合されているからのようです。

もちろん、気になる鉱物油や組立て界面活性剤などは使用されていませんので、スキンに生ぬるい無添加石鹸といっていいでしょう。

毛孔の黒ずみにお悩みの側はとにかく、そういった『白灰チャーミング石鹸』による白土クレンジングをお試しになってみてはいかがですか。

かなり気持ち良いこういう無添加の濃密泡にやみつきになるゾーンダヨ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です