UVシールド

一歩イントロダクションを出向く呑む日焼け止め!UV護衛ってビューティー白を共々復元!

BIHAKUENから呑む日焼け止め「紫外線シールド」が出てる!

飲み込む日焼け止めにおいてみようと思ったのは、そばというマレーシアの島にバカンスに行く境遇でした。
徹底的にUVをガードしなきゃと思ったからです。

水に入るという何やら、日焼け止めはスグ取れて仕舞うし、何度も塗り立て直す実績
日焼けを最小限に牛耳ることができても、ある程度は日焼けをしてしまうのが健康。

飲み込む日焼け止めの位置付けにおいて聞いたときは、
飲み込む日焼け止め?そんなの重要いるの?と思いましたが、
とうてい塗りきれない部位もあるし、まぶたや唇だってUVの攪乱は超える。

はじめは、有名なヘリオケアを使用しようと思っていました。
も、お気に入りのBIHAKUENジャンルが呑む日焼け止め「紫外線シールド」を出しているのを知ったんです。

紫外線シールドの状態は、日焼けを防ぐのはもちろん、ホワイトニング最後もある個所。
日焼けを防ぎながら、ついでに皮膚を白くしてしまおうは。
UV処置には、ヘリオケアと同じ原材料が入っていて、それに与え、プラセンタなどのビューティー白原材料も内包。

さんざっぱら斬新!

日頃の処置で、BIHAKUENのデイクリームといったナイトクリームにていて、
終始皮膚をぷるぷるとしてくれているので、おんなじBIHAKUEN関連の「紫外線シールド」を注文することにしたんです。

「紫外線シールド」にてみると・・・

本当に使用したのは、マレーシアの島に関してから。
塗りつける日焼け止めって、巻き込む日焼け止めの双方防御することに決めました。

初日使ってみて・・・

それだけ驚いたのは、焼けていない自分のファッションが鏡の前に写っていた個所。
ぜんぜん焼けちゃったなーというのがないんです。

使用しなかったそばは大差・・・
驚いたそばも、次の日から私の紫外線シールドを強奪吊り上げるに及んだほどでした。

ゼロ5日間、浜にシュノーケリングってお過ごしをしましたが、てんで焼けていない自分のファッションを見て驚きました。
美肌原材料も入っているので、UVだけでなく、美肌処置もしてくれているからかもしれません。

普段のUV警護にも「紫外線シールド」

今後は海で泳ぐなどの特別な席の時は必ず、普段のUV警護にも活用しようと思いました。

飲んでから、UV警護はもちろん、ビューティー白最後も流れるようになりました。
皮膚に一層のハリってフレキシビリティーが見て取れるようになったのです。

UV行動ビューティー白戦略に、これからも使用していきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です